イベント を読み込み中

« All イベント

  • event が経過しました。

Our Love Will Destroy the World Japan Tour 2017 仙台公演

5月13日


BLACK PIG CHANT** VOL.5
Our Love Will Destroy the World Japan Tour 2017 仙台公演
2017年5月13日(土) Shangri-La
Date:2017年5月13日(土)
Open/Start: 18:30/19:00
Ticket: ¥2,500 + 1 drink
————————
20年以上の活動歴を誇る、ニュージーランド実験音楽シーン*の大ベテランCampbell Knealeが,最新名義Our Love Will Destroy the Worldとして来日!仙台での演奏は他名義含め初!
音源は下記URLをチェック! 
————————
出演:
■ Our Love Will Destroy the World (Campbell Kneale ex.Birchville Cat Motel) from New Zealand
■ 佐藤実 minoru sato m/s 
■ 目玉湯鯨 metamayukujira 
■ 菊地良博 Yoshihiro Kikuchi 
///
Our Love Will Destroy the World
ニュージーランド産。皮膚を剥がれ流血するドローンまたは猛撃するラーガは、無限の密度が生起する瞬間―全てがその他全ての音量を 凌駕し、現実世界がファンタジーに陥り、さらには刺だらけの昏睡によって死ぬ瞬間―を探求する。白く熱い残忍な精神は、竜巻から、戦火で焼かれた黒い目玉 を竜巻から奪い取る。うなる爆発と美しい破壊、変化する過酷な肉体美は全て制御を備え、それらは、完全に時空間が溶解してしまったかのように感じさせる心 理操作のために設定される。それは究極の電気的奥義だ。
Our Love Will Destroy the Worldは、睾丸が潰れるほど重いフリーノイズを、2001年より、ここニュージーランドから北極圏にいたるまでの輝かしい排泄孔で演奏したが、マー カーペンでカセットテープを作る時間により多くの時間を費やす数多のベッドルーム・レーベルからリリースした300余りの音源以外に、これまでの過酷なエ ネルギー消費ゆえ、もう何も見せるものはなくなってしまったBIRCHVILLE CAT MOTEL名義による活動、その燻る灰の中から生まれた。 (本人資料より・訳:菊地)
佐藤実 minoru sato m/s 
自然記述と美術表現の関係に関心を持ち、物理現象と多様な概念によるインスタレーション、パフォーマンス、出版、執筆などの制作活 動を行っている。またソロやASUNAとの共作、バンドIL GRANDE SILENZIO、f u rなど幾つかの音楽活動や、学芸員として展覧会、アートイベントの企画を行っている。1994年-2006年レーベルWrKを運営。
目玉湯鯨 metamayukujira 
ひたすらに反復されるリフ、容赦ない低音、喉から血しぶきが上がるほどの咆哮、無慈悲なプログラミングビートで聴く者を圧倒する、 ソロ・ドゥームメタルプロジェクト。上記に加え、様々な音声サンプリングがサイケデリックな感覚さえも喚起する目玉湯鯨には、悪名高い遠くノルウェーのブ ラックメタルが古来の土着信仰と結び付いた仄暗さを帯びていたのに似て、この土地固有の陰惨な記憶が宿っているかのようだ。
スロウなエクストリーム・メタル全般に共通する重さに、70年代の日本のサイケデリック・ロックまたはフリージャズが持つエッセンスを注入したごとき轟音。(文:菊地)
菊地良博 Yoshihiro Kikuchi
美術家/実験音楽家
ソ ロではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、コンポーザーDaniel VujanicとのGraves And Orchestra Pitsではドゥーム/ブラックメタルをモチーフにしたエクレクティックなポストロックを制作し、その2つを主軸としつつ、Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis(ex.Reynols), Sebastien Borgo, Vomir/Roro Perrotなど、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行っている。 
美術家としては、数々の個展の他、国内外でのグループ展、アートフェアへの出品を多数行っている。
///
*ニュージーランドの実験音楽:日本のフィジカルなハーシュノイズやフリージャズとも、欧州のコンセプチュアルで洗練されたノイズやインダストリアルとも違う、緩やかかつ乾いたサイケデリアを持つところに特徴がある。Our Love Will Destroy the Worldにもサイケデリックかつ非常に美しいノイズドローンと繊細な空間処理を聴くことができる。
**BLACK PIG CHANT: 菊地が2009年から断続的に行う自主企画名。

詳細

日:
5月13日

会場

Shangri-La
仙台市青葉区一番町1-11-20 SUGA-DUNビル一番町4F 980-0811 Japan + Google Map
電話番号:
080-6042-9085
ウェブサイト:
http://shangrila-sendai.com